即日融資で「必要な準備」について

ここでは「即日融資で必要な準備」について説明しましょう。誰でも、お金を借りる時には「早く手に入れて安心したい」と思うものです。しかし、融資を受けるには(以下の)条件が整っていなければ、即日中の融資は利用できません。
1 書類が用意出来ていますか?
まず、即日融資を受けるために必要な書類を準備しましょう。突然融資を申し込んだとしても、手元に必要書類がなければ審査が受けられません。運転免許証やパスポート、健康保険証のほか、希望する金額によっては収入証明書(所得を証明出来る明細など)が必要です。
また、自営者の方は必ず収入証明書が必要になるので、最新の所得証明書(納税証明書など)を準備してください。
2 他社の借り入れで遅延はありませんか?
いざ借りようと思っても、クレジットカードの支払いや他社の返済が滞っていては、カード審査に可決されません。残っている借り入れは完済、もしくは延滞した状況を解消させましょう。
また、消費者金融の場合は年収の3分の1以上の借り入れは出来ません。他社での借り入れを合計して、年収制限をオーバーしていないかどうか再確認してください。
この「他社での借り入れ分」とはキャッシング分のみです。クレジットカードのショッピング利用分や住宅ローン(銀行の長期ローンなど)は含まれません。
3. 貸し付け条件を満たしていますか?
即日融資で借りようとしても、カード会社や金融機関の貸し付け条件を満たしていなければ申し込みが出来ません。年齢は満20歳から、上限は65歳までのところが多いです(例外として、プロミスのように69?70歳まで利用できる金融機関もあります)。

消費者金融の別名がサラ金だったころ

今でこそ消費者金融と呼ばれていますが、一昔前は別名サラ金と呼ばれていました。
サラ金という名前は聞いたことがあるでしょう。
消費者金融とサラ金が同じものだったということは知らない方も多いかもしれません。
サラ金は悪いイメージが定着していました。
もともとはサラリーマン世代を対象とした金融ということでサラ金と呼ばれていたものの、利息制限法以上の金利や過剰貸し付け、強引な取り立てなどから揶揄される言葉となっていました。
今の消費者金融はサラ金時代とは違います。
貸金業法が改正され、利息制限法と出資法が見直されています。
多重債務や過剰貸し付けを防止するために総量規制が施行されました。
サラ金はなくなり、今あるのは正規の消費者金融です。